イギリス英語とアメリカ英語の違い ~スペルが異なっている英単語(6パターン)~

イギリス英語とアメリカ英語の違い ~スペルが異なっている英単語(6パターン)~

英語は国際的に最も使われている言語で、ネイティブもイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドと世界各国に及んでいます。

世界で話されている英語は全く同じではなく、各国・地域に特有の英語があり、大きく異なっている点はとても興味深いです。


そこで、英語の発祥の地であるイギリスと(イギリス英語)、最も世界の英語に影響を及ぼしているアメリカの(アメリカ英語)の違いについて、シリーズでご説明いたします。


今回は、イギリス英語とアメリカ英語でスペルが違う単語についてご紹介します。

日本での英語教育はアメリカ英語が中心ですので、学校で習う英単語のスペルもアメリカ英語になっていることが分かります。

✅イギリス英語とアメリカ英語の違いのシリーズ記事

>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~発音の違い編

>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~読み方の異なる単語編

>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~英単語 93(食べ物、交通、生活、学校)

>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~ 異なる表現(挨拶、勉強、特売、往復etc)

>>イギリス英語とアメリカ英語の文法の違い~7つのポイント~

 

< こちらの記事もご参考に! >

 

 
 
 

イギリス英語とアメリカ英語の違い ~スペルが異なっている英単語~

 

①「-re」と「-er」の違い(centre/center)


単語の語尾に注目すると、イギリス英語では「-re」ですがアメリカ英語では「-er」になっている単語があります。


イギリス英語では「-re」と表記しますが「ə」と発音をし、「r」は発音をしません。逆にアメリカ英語では「-er」の部分を「ər」と発音し、よりスペルに近い発音になります。

これは、フランス語からイギリス英語に取り入れられた単語ですが、英語の発音と異なっているため、アメリカ英語ではスペルを改定したそうです。

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

中心・センター

centre

center

劇場

theatre

theater

メートル

metre

meter

 

 

②「-our」と「-or」の違い(colour/color)

 

単語の語尾で、イギリス英語では「-our」ですが、アメリカ英語では「-or」とuを省略している単語があります。

colourの「our」部分の発音は「ɜ:」と発音し、「our」だけの発音「aʊə」と大きく異なっています。このため、アメリカ英語のようにuをなくして「or」とすると、より実際の発音に近づきます。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

親切、願い

favour

favor

colour 

color

flavour

flavor

 

 

③「-gue」と「-g」のケース(dialogue/dialog)

 

イギリス英語では「-gue」と書きますが、アメリカ英語で「ue」をなくしてシンプルに「-g」とつづります。

実際の発音をみると、イギリス英語でも「ue」は発音せずに「g」だけになっています。

またメジャーリーグのリーグ「league」は、アメリカ英語でも「gue」を使っている点も興味深いです。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

会話

dialogue

dialog

カタログ

catalogue

catalog

アナログ

analogue

analog

 

 

「-ise」と「-ize」の違い(realise/realize)

 

イギリス英語では「-ise」のスペルですが、アメリカ英語では「-ize」となります。

ですが、発音はいずれも「aiz」と「z」となっており、アメリカ英語のスペル方がより、実際の発音に近いですね。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

気が付く

 realise        

realize

文明化する civilise

civilize

組織・計画する organise

organize

 

 

⑤「ence」と「ense」の違い(licence/license)

 

イギリス英語「-ence」、アメリカ英語で「-ense」となっている単語が多くあります。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

ライセンス

 licence 

  license

防御・ディフェンス

defence

defense

攻撃・犯罪 offence

offense

   

⑥「-lling」と「-ling」の違い(travelling/traveling)

 

イギリス英語では、「l」の後に「ing」がくる場合は、lを重ねて「lling」のスペルになります。
アメリカ英語では、シンプルに「l」のみです。

この種類の単語は、イギリス英語では過去形になる場合も、「l」を重ねて「-lled」となりますが、アメリカ英語では「l」は重ねません。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

旅行する

travelling
(travelled)

traveling
(traveled)

モデル化する modelling

modeling

匹敵する equalling

equaling

宝石 jewellry

jewelry

 

 

最後に一言

 

今回はアメリカ英語とイギリス英語で使用する英単語の違いについて、7つのカテゴリーに分けてご紹介いたしました。

※今回の比較は、一般的なアメリカ英語と、一般的なイギリス英語です。

今回以外にも、発音自体の違い、文法の違い、読み方の違い、スペルの違いなど、アメリカ英語とイギリス英語ではさまざまな違いがありますので、一つ一つ紹介していきます。

より英語を楽しむきっかけになってもらえると嬉しく思います。

 

 


★今回の参考資料:

What’s the difference? American & British English?

 

 

 

< こちらの記事もご参考に! >