イギリス英語とアメリカ英語の違い ~発音の違い編(7ポイントの比較)~

イギリス英語とアメリカ英語の違い ~発音の違い編(7ポイントの比較)~


英語は最も国際的に使われている言語で、ネイティブもイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドと世界各国に及んでいます。 

世界で話されている英語は全く同じではなく、各国・地域に特有の英語があり、大きく異なっている点はとても興味深いです。


そこで、英語の発祥の地であるイギリスと(イギリス英語)、最も世界の英語に影響を及ぼしているアメリカの(アメリカ英語)の違いについて、シリーズでご説明いたします。

今回は、イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いについて、7つポイントを取り上げました。それぞれについて、違いが含まれる代表的な英単語と、発音記号も比較しました。



 

 
 

 

イギリス英語とアメリカ英語の発音の違い

 

全般的に、イギリス英語は口の前の部分を主に使い発音しますが、アメリカ英語は口の奥の部分を使って発音する点が大きく異なっています。

 

①「rの発音」の違い

 

イギリス英語とアメリカ英語の大きな違いは、「rの発音」が挙げられます。

・アメリカ英語ではrは舌を巻いて発音しますが、イギリス英語ではrは舌を巻く場合と巻かない場合があります。とても興味深い点ですね。

 

イギリス英語で舌を巻かないでrを発音する場合

 

「rの後に子音が続くケース」:
アメリカ英語では舌を巻いてrを発音しますが、イギリス英語では子音の前のrは舌を巻きません。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

start

st/ɑː/t

st/ɑːr/t

bird

b/ɜː/d

b/ɜːr/d

water

wɔ:t/ə/

wa:d/ər/

hard

h/a:/d

h/a:r/d

ear

/iə/

/iər/

more

m/ɔ:/

m/ɔ:r/

 

イギリス英語でも舌を巻いてrを発音する場合

 

「rの後に母音が続くケース」
「単語の最初にrがあるケース」

これらの場合、イギリス英語でもアメリカ英語と同じように舌を巻きます。

・単語の最初のr: radio, role, rock,
・母音の後ろにあるr: dictionary, carry, around




②母音:アメリカ英語の「a」とイギリス英語の「ɒ」の違い

 

母音の発音で、アメリカ英語とイギリス英語の特徴的な違いがあります。

 ・アメリカ英語では「a、ア」と発音する母音がありますが(口を大きく開けて奥の方で発音する音)、イギリス英語では「a」の発音は無く「ɒ、オ」と発音します。

代表的な単語例を紹介します。

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

lot

l/ɒ/t

l/a/t

hot

h/ɒ/t

h/a/t

lock

l/ɒ/k

l/a/k

job

j/ɒ/b

j/a/b

politics

p/ɒ/lətiks

p/a/lətiks

not

n/ɒ/t

n/a/t

 

③二重母音:アメリカ英語の「oʊ」とイギリス英語の「əʊ」の違い


英語には多くの2重母音(母音が2種類結合したもの)があります。その中には、アメリカ英語で用いられる2重母音、イギリス英語で用いられる2重母音があります。

・アメリカ英語では「oʊ、オウ」と発音する2重母音は、イギリス英語では「əʊ、アウ」と発音します。

※əはschwa(シュワ)と呼ばれる母音で、日本語のアよりもやや口は小さく、短く弱く発音します。

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

hello

hel/əʊ/

hel//

home

h/əʊ/m

h//m

know

n/əʊ/

n//

so

s/əʊ/

s//

 

 

④母音:「æ」の発音にeが入るの?

 

アメリカ英語にもイギリス英語にも「æ」の発音はあります。


例: cat, hat, bat, rap, tapなど

アメリカ英語の場合は、「eとaが混ざってエア」の様な二重母音的な発音になります(長めの発音となります)。
一方、イギリス英語では、eの音は混ざらずに「aのみ」発音します。

 


参考:イギリス英語とアメリカ英語の発音の違い(ネイティブ)

「æ」の発音は3分25秒〜になります。これまでに紹介した発音比較も含まれています。

 

 

⑤母音に囲まれた「t」はdになる?ならない?


tが母音で囲まれる場合、アメリカ英語とイギリス英語では発音が異なります。

アメリカ英語では、2つの母音に挟まれたtは音が変化して、dのように発音する特徴があります(フラッピングT)。

一方、イギリス英語ではしっかりとtを発音する傾向があり、(地域によって、tの発音を落とす場合もあります)、アメリカ英語の場合とはかなり違って聞こえます。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

better

be//

be/dər/

water

://

wa:/dər/

native

nei/ti/v

nei/di/v

writing

rai/ti/ŋ

rai/di/ŋ

bottom

bɒ//m

ba//m

 

 

⑥アメリカ英語の「u:」とイギリス英語の「ju:」の違い

 

アメリカ英語では、Tuesdayなどの「u:」の発音は、単語のスペルに近い「ウー」の発音になります。

一方、イギリスの場合はu:の前に「j」を入れて発音し「テュー」のようになります。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

Tuesday

/tju:/sday

/tu:/sday

tutor

/tju:/tə

/tu:/dər

duty

/dju:/ti  または/dʒu:/ti

/du:/di

new

/nju:/

/nu:/

 

 

⑦アメリカ英語とイギリス英語の「h」の発音の違い

 

hを含む単語において(特にhuが最初にある単語)、アメリカ英語とイギリス英語では発音が異なります。

イギリス英語の場合は、hの発音をしますが(hju:ヒューと発音)、アメリカ英語ではhを落として発音します(ju:ユーと発音)。

 

単語例

イギリス英語

アメリカ英語

human

/hju:/man

/ju:/man

huge

/hju:/

/ju:/

humour (humor)

/hju:/mə

/ju:/mər

 

 

最後に一言

 

今回はアメリカ英語とイギリス英語の発音の違いについて、7つのポイントをご紹介いたしました。今回の比較は、一般的なアメリカ英語と、一般的なイギリス英語です。更に、それぞれ地域によって様々なアクセントがあり、一概に言えない部分もありますので、ご理解をお願いいたします。

今回は発音の違いについて取り上げましたが、同じ単語でも違う読み方、文法の違い、表現の違い、スペルの違いなど、アメリカ英語とイギリス英語ではさまざまな違いがありますので、一つ一つ紹介していきます。

より英語を楽しむきっかけになってもらえると嬉しく思います。

 

 

✅イギリス英語とアメリカ英語の違いのシリーズ記事


>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~読み方の異なる単語編

>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~英単語 93(食べ物、交通、生活、学校)

>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~スペルの違い~

>>イギリス英語とアメリカ英語の違い ~ 異なる表現(挨拶、勉強、特売、往復etc)

>>イギリス英語とアメリカ英語の文法の違い~7つのポイント~


今回の参考資料:
BRITISH VS AMERICAN ACCENT EXPLAINED

5 Key Differences Between British Pronunciation and American Pronunciation

Accents – BRITISH vs AMERICAN: English Accents Around the World



 

< こちらの記事もご参考に! >
英語の2種類のLの発音。ライトL、ダークLの発音の仕方


英語のいろんな母音の発音 ア「ʌ、ə、ɜ、æ、ɑ」はどう違うの?(動画付き)

英語の母音の発音 ウ、オ「ʊ、u、ɒ、ɔ」はどの様に発音するの?(動画付き)


英語の母音 イ、エ「i、i:、e、ei」はどの様に発音するの?(動画付き)


イギリス英語を学ぶおススメの方法(YouTube、映画、ポッドキャスト、オンライン英会話)


イギリス英語の発音 さまざまなブリティッシュ・アクセント(まとめ)


英語の発音を無料動画で学べるおススメのアプリ