英語スキルがアップする方法。なぜ英語日記が効果的なの?

英語スキルがアップする方法。なぜ英語日記が効果的なの?

「英語を学習したい!」「英語を学習している!」

という方はたくさんいらっしゃると思います。

・どんな目的で英語を勉強されていますか?
・どんな方法で英語を学習されていますか?

英語を学習する目的は、
「海外留学したい」「海外旅行に行きたい」「外国の人と話せるようになりたい」「仕事で英語を話す機会がある」

など、
・英語を話せるようになりたい!
・外国の方とコミニケーションが取れるようになりたい!
という方が多いと思います。

 

勉強法は、教科書やテキストを使った文法の勉強、よく使う表現や単語の勉強・暗記が主ではないでしょうか。確かにこの方法も有効ですし、欠かすことのできないポイントだと思います。

しかし、文法・表現・単語を覚えるだけでは、英語を話せるようにはならないのです。

英語を学習する上で最も大切なポイントが抜け落ちているからです。


この大切なポイントを補うだけでなく、効果的に使える英語を学習する方法が「英語日記をつけること」なのです。


今回は「英語のスキルアップには英語日記がおススメ」についてご紹介したいと思います。

 

 

英語スキルがアップする方法。なぜ英語日記が効果的なの?

 

英語の学習で身につけたい4つの技能

 

 

「英語の学習で大切な力って何があるの?」

 

 



一般的に英語の能力を向上させるためには、次の4つの能力が重視されています。


この4つの力のことを「4技能」と呼ばれています。

・話す
・書く
・読む
・聞く


世の中の国際化が進む中、仕事だけでなく日常生活に至るまで、外国の人々と話をする機会が増えてきています。

つまり、「相手の話を理解」「自分の意見を表現」して会話を成立させる、コミュニケーション力が必要になっています。

つまり、この4技能をバランスよく習得する必要があるのです。ですが、4技能のバランスがとれておらず、英語力の向上がみられない場合も多くあります。

 

 

日本人が不足しがちなアウトプット

 

 

 

「どの英語力に気をつけて勉強すればよいの?」

 

 

英語を学習する点から考えますと、4技能は次の2つに分けられます。

 

<4技能の分類>

・聞く力、読む力・・・インプット

・話す力、書く力・・・アウトプット

 

英語の教材を使ったり、語の番組を見たり聞いたりして必要な知識を身につけていく、これがインプットになります。

インプットと同時に、得た知識を使ってアウトプットする学習も非常に重要です。

日本人は英語学習で、アウトプットをあまりしてこなかったため、苦手に感じる人が多いと思います。しかし、アウトプットの学習こそがとても大事なのです。

知識を得るだけではマニュアル本を読むのと同じです。
相手の話を聞いて理解するだけではなく、「自分の意見を相手に伝え」理解してもらうことで、相手との会話が成立するのです。

 

私の場合も同じで、インプットばかりの英語学習でした。NHKの英語会話や、CNNニュース、文法や単語の本ばかりを使って、英語学習をしていました。たしかに、すごく勉強した気になりますし、TOEICの点数も毎年上がっていきました。

ですが、英語を使ってコミュケーションをとれるようになったの?と言われると、あまり進歩はせず、英語で人と会話することは大の苦手でした。

なぜこんなに英語の学習をしているのに、話せるようにならないのか? アウトプット(話す、書く)をほとんどやっていなかった、ということを後になってから気が付きました。


確かにインプットは比較的教材が多いため学習しやすいですが、話したり書いたりするアウトプットはインプットに比べて比べて教材も少ないのが現状です。どうやって学習したらよいか良いかわからず、ついインプットが中心になりがちではないでしょうか。

 

アウトプットの学習で中心となるのが「文章を作る力を身につけること」です。そして「英語日記」がとても有効なのです。

 

 

自分の言葉で、文章を作る力を鍛えることがとても大事 

 

 

 

言葉を話すとき、言葉を書くとき、みなさんの頭の中ではどのように考えていますか?

 

 

自分が表現したい内容に適した単語を選び、順番につなげて文章を作りますよね(頭の中で瞬時に行っている)

つまり、話す場合も書く場合も、文章を作る能力がないとできません。単語や文法を覚えるのとは思考回路も違い、インプットだけでは身にはつかないのです。

実際に使っていないと、いざというときに単語は出てきませんし、忘れがちになります。


また、文章が作れないと、一言で終わってしまったり、自分の言いたいことがなかなか表現できません。一例をあげてみましょう。


・I went to the restaurant.(レストランに行きました)
・I ate pasta. delicious!(パスタを食べました。おいしい!)

この程度の文章は、文法や単語を勉強するだけでも書くことはできると思います。これでも問題なく十分通じますが、物足りなくはないでしょうか。

 

・I went to the restaurant, which is my favorite and the pasta is quite delicious, and I really enjoyed the time with my friend.
(私のお気に入りでパスタがとても美味しいレストランに行き、友人との時間を楽しく過ごしました)

などと、描写を膨らませた方が相手に伝わりますし、会話も弾みますよね。

 

 

 

文章を作る能力をつけるために最も有効な方法は、自分の言葉で文章を書いてみること、なんですね。

 

 

自分で文章を書くとき、どんな文法を使ったらいいのか、どんな単語や表現を使ったらいいのか、いろいろ考えますよね。

分からないときは、文法を参考書を調べたり、単語や表現を辞書で調べたり、しますよね。それがとても勉強になります。

文法の力もつきますし、ボキャブラリーも向上します表現力もつくので、一石二鳥です。

 

私のこれまでの英語学習を通して、アウトプット中心の学習をして、分からない点は調べて補う(インプット)、このやり方が有効だと実感しています。

  

 

 英語日記をつけることがとても効果的

 

 

 

英語の文章を作る場合、どんな内容のことを書けばよいのでしょうか?

 

英語作文のテキストや練習本はいくつか出版されていると思います。
しかし、多くの項目は自分があまり使わないような内容ではないでしょうか?

自分の身の回りで起きていないこと、こんな会話しないだろうな、と言う内容は練習にはなると思いますが、実際に使うことがないのであまり役に立ちません。

 
それよりも自分の身の回りで起きること、自分が普段思ったり考えたりしていること、これ面白いなあと興味を持ったことで、英語の文章を作ることが有効です。

 

✅「英語で日記を書く」ということが最もおススメの方法です。

・自分が経験したこと、自分が感じたことを英語にするので、自分の言葉になる
・普段自分が話す内容なので実用的。会話にも使える
・新たに使う単語や表現は、自分の体験をもとにしているので、覚えやすい

 

英語で日記を書くことは、とても難しいことかもしれません。
短い一文しか書けないかもしれませんが、それでも良いです。

大切なのは、毎日続けて書いていくことです。

一行しかかけなくても、1ヶ月もすると30行にもなります。書くことにも慣れてきて、だんだんと書ける行数も増えていくことでしょう。

 


例えば以下のような、簡単な内容からでもよいです。

・今日は朝から会議が3つもあり、とても忙しい一日でした。とても疲れたので早く寝ました。
Today I was so busy because I had 3 meetings from morning. I was so exhausted that I went to bed earlier. 

・昨日、息子と一緒に行ったお寿司屋さんは、これまで経験した中でもっとも美味しかった。店員さんも親切でお店の雰囲気もとてもよかった。また行きたいと思います。

The Sushi restaurant which I went to yesterday with my son is the most delicious I’ve ever experianced in my life. The chef and waitress were kind and atmoshere was quite nice.
I definetly want to go there again.   



多くの単語や表現も調べ使うようになり、かなり中身の濃い英語学習ができます。しかも、自分の言葉になっているので、実際にすぐに使えます。

書いた英語日記は定期的に振り返ってみましょう。言葉だけで覚えるだけでなく体験も伴っているので、学んだ英語はすぐに思い出し記憶に残りやすいです。これが英語日記を書く大きなメリットです。

 

 

英語日記を活用しよう!

 

 

英語日記はどのように活用していけば、より効果的なのでしょうか?

 

実は、英語日記は単なる日記から、自分のオリジナル英語テキストにも変わっていきます。


最初の質問です。英語を学習する目的は何でしょうか?
多くの方は、「英語を話せるようになりたい」とおっしゃるでしょう。


オリジナル英語テキストをつかって、音読を繰り返していくうちに、きっと英文を覚えてしまうことでしょう。そうすれば、実際の会話にもすぐに使えます。

英語日記を活用すれば、自分の体験したことや考えを、自分の言葉で、相手に伝える力が身についていきます。

 

ぜひ英語の学習に「英語日記」を取り入れ、英語を話せるようになりたい目標に向かって、スキルアップしていただけると幸いです。


※英語日記の英語って間違ってない?と思うこともあるでしょう。その時は、恥ずかしがらずに英語の得意な友人や、ネイティブの先生を見つけてチェックもらいましょう。

 

< おススメの記事 >

なぜ今、オンライン英会話が話題なの?効果はあるの?



初心者向け!オンライン英会話の始め方「完全ガイド」


3ヶ月で英語を話せるようになる勉強のポイント7つ



英語の勉強が続かないシンプルな理由と簡単な対策