バーミンガムの訛り、ブラミー・アクセント(Brummie accent)とは?

バーミンガムの訛り、ブラミー・アクセント(Brummie accent)とは?

 


英語学習者、留学予定者

イギリスのバーミンガムに興味があるんだけど、バーミンガムにはどんな英語のアクセント(訛り)があるの? 普通のイギリス英語との違いを知りたいな。動画などもあったら見てみたいな。

こんな質問に答えます。

 

<本記事で分かる内容> 

・バーミンガムの英語にはアクセントがあるのか?

・バーミンガムの英語の発音の特徴

・バーミンガム・アクセントが分かる動画やサイト


 

 
 
 

バーミンガムの訛り、ブラミー・アクセント(Brummie accent)とは?

 

 
 
 

 

 

バーミンガムはイングランド中西部にあり(ウェスト・ミッドランドの州都)、ロンドンからは200kmほど離れた場所にあります。

周辺を合わせると人口は約230万人ほどで、イギリスでは第二番目の主要都市です。

 

 

 

200kmくらいなので、イギリスの標準的な発音(RP)とは変わらないんじゃないかと思われかもしれません。

しかし、
バーミンガムにも訛りがありブラミー・アクセント(Brummie accent)と呼ばれています。

 

よく考えると、大阪-名古屋間は170kmしか離れていませんが、方言は大きく違いますよね。

>>バーミンガムの場所(リバプールとロンドンの中間位です)


※RPはReceived pronunciation(容認発音)と言われ、BBC放送などで話されるいわゆるイギリスの標準英語で、外国人が勉強するときに習う英語です。

 


イギリスの地域によって訛り(アクセント)はあり、発音は大きく異なってきます。例えば留学した際など、語学学校の外で人々が話している発音は、違っていたりします。

 

そこでブラミー・アクセントの特徴について、日本人にも分かりやすいように、ポイントをご紹介します。(この記事は発音が中心です)

 

バーミンガムへ留学を考えている方、バーミンガムへ赴任される方、またイギリス英語に興味のある方は、是非読んでくださいね。

 

 

ブラミー・アクセントの発音の特徴

 
 
 
 
 
 
 
 

「ai アイ」の発音が 「オイ」になる



イギリスの標準発音(RP)では、「ai」を含み「アイ」の様に発音している単語は、ブラミー・アクセントでは「オイ」のように発音します。

右側には、苦し紛れですがそれぞれの発音を日本語入りで表記してみました。

 
単語 ブラミーの発音
I(アイ) オイ
like(ライク) ロイク
quite(クワイト) クウォイト

 

 

「a: アー」の発音が「ア」になる

 


「a: アー」の発音が、ブラミー・アクセントでは「a ア」の様に短い発音になります。

R.P.やイングランド南部では「アー」と長く発音しますが、マンチェスターやヨークシャーなどイングランド北部では、「ア」を短くする傾向があります。
中部ミッドランドでは、北部の影響を受けているようです。

単語 ブラミーの発音
plant(プラーント) プラント
bath(バース) バス
past(パースト) パスト
basket(バースケット) バスケット

 

 

「əʊ オウ」の発音は「ɑʊʌʊ アウ」となる

 

イギリスの標準発音(RP)で、「əʊ」は含む単語は「オウ」のように発音しますが、ブラミー・アクセントでは「ɑʊʌʊ アウ」のような発音になります。

単語  ブラミーの発音
goat(ゴウト) ガウト
coat(コウト) カウト
boat(ボウト) バウト
go(ゴウ) ガウ

 

「ʌ、ア」の発音が 「ʊ、ウ」になる



イギリスの標準発音(RP)では、「ʌ」を含み「ア」の様に発音している単語は、ブラミー・アクセントでは「ʊ、ウ」のように発音します。

 
単語 ブラミーの発音
cut(カット) クット
pub(パッブ) プッブ
blood(ブラッド) ブルッド
strut(ストラット) ストルット

 

 
 
 

”  ing “の「ŋ」の発音は「nŋ」と発音する

 

ingなどの「ng」の発音は、PRを含むイングランド南部のアクセントでは、のどの奥を閉じて発音する「ŋ」と発音します。

※ンの鼻に抜ける発音です「軟口蓋鼻音」

また、イングランドの北部の多くは、舌先を上あごにつける「n」と発音します。

これに対し、ブラミー・アクセントでは、二重の子音で「ŋg」と明瞭に強く発音します。

日本語の表記で「n」と「ŋ」が区別できないので、非常に苦し紛れですが、ブラミーの発音は強調の意味で「」としています。

単語 ブラミーの発音
walking(ウォーキン) ウォーキ「ング」
morning(ミーティン) モーニ「ング」
singer(シンガー) シ「ンガー」
watching(ウォッチン) ウォッチ「ング」

 

 

 

ɔː オー」の発音は、いろいろ変化する

 


イギリスの標準発音(RP)では、「ɔː」を含み「オー」の様に発音している単語は、ブラミー・アクセントでは、単語によって様々な発音に変わります。

 

単語 ブラミーの発音
force(フォース) ʌʊə」 ファウアス
pour(ポー) ʌʊə」 パウア
paw(ポー) 同じく「ɔː」 ポー
poor(ポー)  「puːə」 プーア

 

 

その他の発音


その他の、ブラミー・アクセントに特徴的な発音を簡単にご紹介します。

◎単語の最初の「h」は発音しない
hello elloエロ

◎単語の最後の「t」は発音しない
what wha ワッ

◎Rの発音は、スペイン語などで見られるようなヴァイブレーションを伴う場合もある。

 

 

ブラミー・アクセントが分かる動画やサイト

 

 

 

最後にブラミー・アクセントが良く分かる動画とサイト紹介します。今回の記事は、動画ではなく主にサイトを参考にしています。



参考動画:

 

 


>>
Birmingham Dialect Words (Brummie) 
>>Accent Tag: British (West Midlands) 

 


参考サイト:
>>A Guide to the Brummie Accent and Slang
>>Brummie dialect



最後に一言


いかがでしたでしょうか?
ブラミー・アクセントは通常のイギリス英語の発音と大きく異なることが、お分かりになったでしょうか。

日本もそうですが、イギリスの狭い範囲でも多くのアクセントがあり、とても興味深いですね。

もしブラミーの英語発音に興味を持たれたら、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

< こちらの記事もご参考に! >
イギリス英語の発音 さまざまなブリティッシュ・アクセント(まとめ)

イギリス英語のコックニー・アクセント(Cockney accent)ってどんな発音?

スコットランドの英語アクセントはどんな特徴があるの?

「アイルランドの英語発音」にはどんなアクセントの特徴があるの?